大きな河になれ

今でこそ毎日イキイキと楽しく生活させてもらってますが、中学の時は学校生活が上手くいかず腐っていました。かと言って思いっきりグレる勇気も、親の期待を裏切る勇気もなく、不登校という選択も思い付かないまま無気力で生き、自分が写った鏡を拳で思いっきり殴って朝から血だらけになった事もありました。幼少期から明るく活発なことが自分のアイデンティティだと認識していたので、今の状況が恥ずかしくて親にも先生にもバレないように努めていました。周りに流されてなんとなく塾に通ったりしながらテキトーに勉強して、でもそんな状況だったので何に対しても集中出来ず成績も普通かそれ以下。早くこの地獄から抜け出したいと、時間が過ぎるのをただ待つばかりの日々を送っていました。自転車が逆さになっていたり、ヘルメットに水がたっぷり入っていたり、クソみたいに陰険で幼稚な嫌がらせは頻繁にあり、クラスでは殆どの男子と口を聞くことはなく、修学旅行はどの班にも入れずにヤンキーと一緒にディズニーランドでメンチきりまくってました。そんなこんなで高校受験も失敗し、遠い田舎の学校に通うことになりました。入学前に説明会があり、こんな不便でダサい田舎の学校に行きなくねぇと死ぬほど嫌気がさして、いよいよマジで終わりにしたい、と思っていた時にラジオで聞いたのがこの曲。普段ブルーハーツばっかり聴いていたのに、これを聴いて涙腺が崩壊、声を押し殺しながら疲れて涙が出なくなるまで泣きました。この時、自分の事を知らない人ばかりの新しい環境で自分をリセットすることを決意し、人生を設計し直しました。もちろん今、その時に描いた通りには全くなってないけど、大きな方向は狂っていない。ただ、まだ辿り着いてないだけ。でももうあまり時間がない、と焦りとの戦い。本当に時間がないのかもうかも分からないくせにとにかく焦りとの戦い。今、自分の敵はこの焦り。同時に行動を後押しするのもこの焦り。焦りと冷静のハイブリッドこそが最強であり、今の自分だと思いたい。今、新型コロナウイルスの影響で、世の中が衰弱しきっている。今こそ膝を折り曲げて考え、飛び上がるタイミングを見逃すな。その時は必ず、くる。


※ダイバーシティ的に考えるとかなり時代遅れな歌詞ですがそこは悪しからず。


「男は大きな河になれ〜モルダウより〜」

歌:さだまさし

作詞:さだまさし

作曲:ベドルジハ・スメタナ



せつないことが あったなら

大きく叫んで 雲を呼べ

それでも雲で覆えぬほどの

男は大きな宇宙(そら)になれ


嬉しい時は腹から笑え

笑えば嬉しい花が咲く

心を花で埋(うず)めて見せろ

女は優しい風になれ


苦しい時こそ意地を張れ

目をそらさずに雨を見ろ

泣かずに雨を集めて そして

男は大きな河になれ


寂しいのは一人だけじゃない

歩けば転ぶ 怪我もする

そこで捨てたなら負けになる

男は大きな夢になれ


喜びは人と分かちあえ

悲しみは人に預けるな

許せる限り受け止めてやれ

女は大きな海になれ


寂しいのは一人だけじゃない

歩けば転ぶ 怪我もする

泣かずに雨を集めて そして

男は大きな河になれ

男は大きな河になれ

2020.02.29 Saturday 08:51 | category:diary | comments(0) |
Entry: main  << >>
Comment








Profile

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Entry

Category

Archives

Search

Feed

Mobile

qrcode