嘘が乱立している広告の世界において
(年の瀬にわざわざ言うことではありませんが)広告業界の人が大好きな「スチールの一発撮り」。これについて思うことがあり、最近は無意味に一発撮りにこだわらないようにしてます。もちろん、分かる。分かります。一発である意味は。嘘が乱立している広告の世界において、嘘のない世界で真実を伝える必要は。でも疑問。簡単に言うとただのエゴじゃないかと。撮影予算がかかり過ぎたからディレクション料とデザイン料はごめんなさい、とか舐めてない?(←想像の話です 笑)一発で撮ったなら、色も何もいじらずにレタッチゼロの完璧な撮りっぱなしで使うくらい徹底的にやりたいし、そのメイキングが本当の広告になるような仕組みづくりまでやらないと制作チームにも広告を見る人にも失礼だろう、と思うわけです。なんだか上手く言えてないけど、そんな事を考えてます。どうなんでしょうか。壮大な一発撮り、来年チャレンジしてみようと思いますw
2015.12.28 Monday 09:02 | category:- | comments(0) |
Entry: main  << >>
Comment








Profile

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Entry

Comment

Category

Archives

Search

Feed

Mobile

qrcode