プロフィール(2)
〈中学1年〉
田舎だったので、地元中学の“分校”に入学。
同時に、念願のバスケットボール部へ入部。
しかしバスケ部にヤンキーの先輩がいて恐怖の日々。
ある日、なぜかその先輩にボンタンをもらい、
ビビった母親が、先輩の家に返しに行く。
もちろん、次の日ボクはボコボコに・・・。

3月、念願の一軒家に引っ越し。
嬉しくて、毎日ノートに間取り図を描きまくる。

〈中学2年〉
“本校”と合併して、新たな気分で中学生活スタート。
周りの人がどんどん成長していく中、出遅れる。
身長も、運動能力も周りに追い越される。プチ挫折(?)。

ある日、部活の練習中に野球部の友だちにボールを当ててしまい、
キレた友だちに顔面を蹴られて、唇が3倍に膨れあがる(笑)。

部活に明け暮れる日々。
希望していた憧れの先輩と同じ背番号の7番がもらえず8番に。
どうしても納得いかず監督へ理由を聞きにいく。

その理由には納得できなかったけど、8月18日生まれだし、
「8」は自分のラッキーナンバーと強引に思いこむ。
(だからいまだに好きな数字は「8」です。
 横にすると無限大だし、まさにオープンエンズ!)

新しい家族、柴犬の“龍太”登場!めちゃんこかわいい。

リーバイス501を購入。めちゃんこかっこいい。

ブルーハーツを狂ったように聴きまくる。めちゃんこかっこいい。

技術の時間にイニシャルをデザインしたペンスタンドを作り、
同じイニシャルの親父にプレゼントして喜ばれる。


〈中学3年〉
なんだか面白くないことが多くて、
あんまり覚えていません(笑)。

やっぱりブルーハーツを狂ったように聴きまくる。
ヒロトの影響でビートルズとピストルズを聴きまくる。

高校受験に失敗(!)。
家からすっごく遠い、第二志望の高校へ行くことに。
どん底に落ちるが、ある日ラジオで偶然
さだまさしの“男は大きな川になれ”を聴いてちょっと泣く(笑)。
そして復活。(←天性の単純男!)


そんな悩みに、悩んだ、3年間。中指を立てながら卒業。

夢のように楽しい高校生活を迎えるとも知らず・・・


つづく。
2007.01.06 Saturday 22:30 | category:profile | comments(0) |
プロフィール(1)
恥ずかしながら、プロフィールです。
(1)は、誕生から小学校卒業まで。赤裸々に。

〈誕生〉
3000gオーバーで生まれたがらしいが、
母が母子手帳を無くしたために(笑)詳しい数字は不明。

〈幼稚園時代〉
フォークダンスで女の子と手を繋ぐのが嫌で
幼稚園を脱走した経験あり。

ドッヂボールが得意で参観日の日に、
相手チームの男の子の顔面に当てて泣かせ、
その子の母親から睨まれた経験あり。

当時から甘党で、花壇に植わっているサルビアの密を片っ端から
友だちとチューチューやって先生に怒られた経験あり。

あお組だったこともあり、「男の色は青!赤は女の色!」
と、赤い服などは絶対身につけることはなかった。

〈小学生・低学年時代〉
1年1組、自分の描いた青いスーパーカーの絵が、
参観日の日にみんなの前で褒められ、天まで昇る。

学校でウンコをもらし、自宅まで担任の先生が謝りに来る。
よけいに恥ずかしい。

2年4組、なかなか“おねしょ”が直らずに母が心配して病院に。
「息子さんは大物になりますよ。ハハハ。」で終わる。
ホント?

3年1組、四つ切りの紙いっぱいに赤い羽根を描いたポスターが
市内のデパートに展示され、天まで昇る。

チラシの裏に「キャプテン翼」をマネたサッカー漫画を描いては、
家に遊びに来た親父の友だちに見せて、
「どお?どお?」と強引に褒めさせて、天まで昇る。

しかし、母親からは、再三「人のマネはしないように」と言われ、
オリジナリティの追求はこのころからはじまる。

〈小学生・高学年時代〉

4年2組、あんなに嫌いだった赤色が一時好きになり、
赤と黒のストライプのラガーシャツを愛用する。

とにかく足が速く運動会のリレーでは、
スターターかアンカー以外走ったことなし。

キャプテン翼に憧れて入部したサッカークラブでは
足が速いと期待されたが、球技は苦手だったらしく2軍に。
1軍と練習メニューを分けられた事に腹を立て、退部。
なんと、わがまま・・・。
(ジャージも帽子もスパイクもプーマで統一。見た目から入るタイプ。)

友だちの山口くんと“統計図表コンクール”に参加。
結果は覚えてない。山口くんは絵がすごく上手かった。
今はたしか美容師。だと思う。

5年4組、幅跳びも得意で、校内測定で4mオーバーを跳び、
陸上選抜に選ばれたが、大会での記録は・・・。
当時は(?)本番に弱かった。

ねだってレタリングの本を買ってもらい、
明朝体の「永」の字をひたすら練習。「、」が得意だった。
今思うとこれがグラフィックデザインとの出会い。かも。

友だちの妹尾くんと“統計図表コンクール”に参加。
結果は覚えてない。妹尾くんは絵もレタリングも抜群に上手かった。
ちなみに漫画も凄く上手く、一緒に漫画クラブに入った。
今は名古屋の有名プロダクションでグラフィックデザイナー。

トレーシングペーパーという素晴らしい宝物を
行きつけの本屋の文具コーナーで発見し、
週刊ジャンプを片っ端からトレースしまくる。
特に「こち亀」の派出所の前にとまっているスーパーカーやオートバイ。
ちなみにトレーシングペーパーの裏から色を塗るとカッコイイ。
と思っていた。
母親の助言を無視して、やっぱり人マネの日々。。。

児童会の書記に立候補。自作のポスターで選挙活動するも落選。

6年4組、相変わらず青が好きで、身の回りは青だらけ。
5年生と同じクラスメイトと担任の先生だったので、
クラスの結束はすごかった。級長とかは数回やったかな。

児童会の書記に再立候補し無事当選。
ポスターのキャッチコピーは、「2度目の挑戦、最後のチャンス!」
マニフェストは、「グリーンマークを集めて、学校に緑を」。
会長になるほどの器ではないと、自覚していた。

そんな素敵な、素敵な、6年間。笑顔と涙の卒業式。

辛い、辛い、思春期を迎えるとも知らず・・・


つづく。
2007.01.05 Friday 23:58 | category:profile | comments(0) |
Page: 1/1   

Profile

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Entry

Comment

Category

Archives

Search

Feed

Mobile

qrcode