大きな河になれ

今でこそ毎日イキイキと楽しく生活させてもらってますが、中学の時は学校生活が上手くいかず腐っていました。かと言って思いっきりグレる勇気も、親の期待を裏切る勇気もなく、不登校という選択も思い付かないまま無気力で生き、自分が写った鏡を拳で思いっきり殴って朝から血だらけになった事もありました。幼少期から明るく活発なことが自分のアイデンティティだと認識していたので、今の状況が恥ずかしくて親にも先生にもバレないように努めていました。周りに流されてなんとなく塾に通ったりしながらテキトーに勉強して、でもそんな状況だったので何に対しても集中出来ず成績も普通かそれ以下。早くこの地獄から抜け出したいと、時間が過ぎるのをただ待つばかりの日々を送っていました。自転車が逆さになっていたり、ヘルメットに水がたっぷり入っていたり、クソみたいに陰険で幼稚な嫌がらせは頻繁にあり、クラスでは殆どの男子と口を聞くことはなく、修学旅行はどの班にも入れずにヤンキーと一緒にディズニーランドでメンチきりまくってました。そんなこんなで高校受験も失敗し、遠い田舎の学校に通うことになりました。入学前に説明会があり、こんな不便でダサい田舎の学校に行きなくねぇと死ぬほど嫌気がさして、いよいよマジで終わりにしたい、と思っていた時にラジオで聞いたのがこの曲。普段ブルーハーツばっかり聴いていたのに、これを聴いて涙腺が崩壊、声を押し殺しながら疲れて涙が出なくなるまで泣きました。この時、自分の事を知らない人ばかりの新しい環境で自分をリセットすることを決意し、人生を設計し直しました。もちろん今、その時に描いた通りには全くなってないけど、大きな方向は狂っていない。ただ、まだ辿り着いてないだけ。でももうあまり時間がない、と焦りとの戦い。本当に時間がないのかもうかも分からないくせにとにかく焦りとの戦い。今、自分の敵はこの焦り。同時に行動を後押しするのもこの焦り。焦りと冷静のハイブリッドこそが最強であり、今の自分だと思いたい。今、新型コロナウイルスの影響で、世の中が衰弱しきっている。今こそ膝を折り曲げて考え、飛び上がるタイミングを見逃すな。その時は必ず、くる。


※ダイバーシティ的に考えるとかなり時代遅れな歌詞ですがそこは悪しからず。


「男は大きな河になれ〜モルダウより〜」

歌:さだまさし

作詞:さだまさし

作曲:ベドルジハ・スメタナ



せつないことが あったなら

大きく叫んで 雲を呼べ

それでも雲で覆えぬほどの

男は大きな宇宙(そら)になれ


嬉しい時は腹から笑え

笑えば嬉しい花が咲く

心を花で埋(うず)めて見せろ

女は優しい風になれ


苦しい時こそ意地を張れ

目をそらさずに雨を見ろ

泣かずに雨を集めて そして

男は大きな河になれ


寂しいのは一人だけじゃない

歩けば転ぶ 怪我もする

そこで捨てたなら負けになる

男は大きな夢になれ


喜びは人と分かちあえ

悲しみは人に預けるな

許せる限り受け止めてやれ

女は大きな海になれ


寂しいのは一人だけじゃない

歩けば転ぶ 怪我もする

泣かずに雨を集めて そして

男は大きな河になれ

男は大きな河になれ

2020.02.29 Saturday 08:51 | category:diary | comments(0) |
両立は出来んのか。
どこまで「会社」であるべきなのか。どこまで「自由」であるべきなのか。
2020.02.24 Monday 02:07 | category:- | comments(0) |
やっぱり早く寝よう。
うーん、なんかちょっと疲れたな。今日は早めに寝るとするか。代表が元気ないと周りに伝染して、クオリティが落ちてクライアントさんに迷惑かけるもんなぁ。人を元気にするためには、じぶんがまず元気であること。当然だけど、毎日継続は時に疲れる。連日の寝不足の影響かな。こんなにネガティブな自分に驚く。やっぱり早く寝よう。今日はランニングはお休みに。
2019.10.02 Wednesday 21:18 | category:- | comments(0) |
こんな楽しい事を誰かに
何が正しいリーダーの形なのか。会社に人が増えて、さらに入れ替わりもあったりするとリーダーのあり方について定期的に考える事になる。とはいえ、大きな会社のように、DMの納期の件トップが何もしなくても会社が回っていくような、そんな自立型組織を目指しているわけでもないし、ボク自身が誰よりもデザインを、クリエイティブを、ブランディングを楽しみたいので、こんな楽しい事を誰かに譲ってたまるか、と思っていたりする(笑)。ある意味、ビジネス書に書いてあるような事と対極な発想。
2018.08.08 Wednesday 01:41 | category:- | comments(0) |
そろそろ再始動します。

オープンエンズというボクの人生をかけたプロジェクトの始動から10年が経ち、事務所のリノベーションが終わり、レンズアソシエイツのスターティングメンバーが集合したあの日から約5年。2014年1月6日(色の日)の会社設立(登記完了)からは4年半が経ちました。思い起こせば、約5年前の2013年9月20日には何もないこの事務所でレセプションを開催しました。上の写真はその日の開催直前の写真。で、そのすぐ後、オープンエンズの設立記念日の10月1日(デザインの日)にこの場所に事務所を正式に移転しました。下記は、2013年10月13日のブログです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
実は数年前から移転の計画はしていたし物件も探してました。でも創業からずっと同じ場所でやってると愛着も湧くし、最初シェアしてた他社に譲ってもらった経緯があるのでこの事務所を大切に使わなくては!との想いから簡単に移転とはいきませんでした。しかし、2014年1月の創業10周年が視野に入ってきた辺りから移転をはじめいろいろな事を考えるようになりました。その中心にあったのはパートナーのマサオくんと、もう一度OPENENDSを一から作り直したいという想いでした。OPENENDSは近年、出会いやご縁で大きな仕事ややりたい仕事が出来るようになってきてはいました。事務所の名前や存在もそれなりに知ってもらえるようになり、カンヌGOLDをはじめ大きな賞もたくさん貰いました。褒めてもらえる事が増えましたが、叱ってくれる人もきちんといて、大変ありがたい環境で仕事が出来ていることを日々実感していました。でも、ボクはそれが怖かった。人間は現状維持を求めた時点で終わり、が持論のボクにとって上手く事が進んでいることは大きな恐怖でした。もちろん大きな仕事が出来て、大きな賞がもらえて、大きな(?)お金がもらえる事は凄く嬉しかった。もっというとそれは手放したくない。でも別の道をもう一度探してみたいという想いが日々大きくなってきたのも事実。ならば!っと考えたのがOPENENDSの移転、そして新会社設立でした。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
ということでオープンエンズ、5年間大人しくしてましたが、レンズアソシエイツも軌道に乗ってきたことだし、そろそろ再始動します。ずっと「やるやる」と言ってなかなか動き出せなかったプロジェクトを3つほどほぼ同時にスタートさせるつもりです。マサオくんと一緒に開発してカミプレですでにじわりとスタートしているグラフィックプロジェクトが1つ。改華堂の小川氏と一緒に取り組むアートプロジェクトが1つ。そして2009年に発表した作品の再始動ソロプロジェクトが1つ、の3つです。ただ、今のテンションからいくとまだまだ増える可能性もあります。なんせ、5年間も大人しくしてたのですから。
2018.07.23 Monday 00:13 | category:OPENENDS | comments(0) |
向いてない、は伸びしろと
20代の頃は、なにかと「この仕事、向いてないかも」なんて言って悩むことが多いけど、やり始めてすぐ「向いてる!」「天職だ!」と確信できる仕事なんてなかなか無いし、もしあったとしたらその仕事はすぐ飽きてしまう可能性がかなり高いと思う。最近は「向いてない事に背を向けて、向いてる事だけを追求しよう」という論調が流行りだし、そう言えばベストセラー作家にはなれるかもしれない。確かにある意味正しい。けど、ある意味正しくない。なぜなら向いてない事に向き合ってそれを克服すれば、それは最も分かりやすい成長だし、達成感や充実感も手に入る。最初から向いている、と確信の持てた仕事ではなかなか得られない感情が同時に、じゃんじゃん手に入る。向いてない、は伸びしろと考えれば立ち向かう勇気や努力する気持ちも湧き上がるかもしれない。そんな考え方もあるよ、と悩める若者にエールを贈ります。その上で、本当に向いている事を見つけていけばいいと思うから。
2018.05.07 Monday 08:30 | category:- | comments(0) |
その体験をデザインする、

モノには価値がなくなり、コトにのみ価値が存在する。という言い方はあまりに極端かも知れないが、ある意味では確実に時代はこういう方向に向かっている、と実感することが増えて来ている。同じような話で「体験ビジネス」という言い方もあるが、つまりそこに行かないと体験出来ないというビジネスモデルは次の時代も生き残ると言われている。分かりやすく日常生活している中で考えると「食事」なんかはこれに該当する。美味しいフレンチは、そこに行かないと食べられないし、窓から見える綺麗な景色も、気持ちのいい接客も、シェフとの会話もそこにしかない。その体験をデザインする、というのがこれから我々クリエイターがやるべき任務だと思う。決して「うまいメシを出していればいいんだ」という乱暴なやり方ではこれからはダメだし、少なくともボクはそういう発想の店には行きたくない(実際はたまに行きたいけど 笑)。そして、我々自身もそうありたいと思う。つまりデザインというアウトプットだけを売るのでは無く、クライアントと共に課題解決のために尽力するという過程も含めて全てをデザインしていくようにしないといけない。レストランで言うところの「綺麗な景色」や「落ち着ける空間」「ホスピタリティ」「シェフとの会話」が自分たちにとっては何に当たるのか、そんな事を真剣に考えていかないとデザインがただのモノになってしまう。レストランで食べる料理の味がある程度美味しいのは何の価値にもならないのと同じように、デザイナーが作り出すデザインがそこそこ良い、というのはもはや無価値であるという事だ。もちろん自戒の念を込めて、という前提の元に話しているのではあるけれど。
2018.05.02 Wednesday 02:28 | category:design diary | comments(0) |
モチベーションはコミュニケーションから。
自戒の念を込めて言えば、プロならモチベーションなんて自分で上げてこい、と思う。小中学生のサッカーチームが試合前にモチベーションムービーを見て、気分盛り上げてから試合をするとパフォーマンスが上がる、みたいな話をよく聞くが、そりゃ小中学生はね、と。ただ実際、我々の制作の現場でも、撮影現場でも、会議でも、なんか周りに気を使って、必死にモチベーションを上げる努力をしてる自分に気付くことが多々あるが、もう一度言います「プロならモチベーションなんて自分で上げてこい」。はっきり申し上げて他人にモチベーション上げてもらおうと思ってる時点でスタートライン、だいぶ後ろにズレてます。それじゃ負けます。でもやっぱり人間だから自分の力だけでモチベーションが上がらない時もあるのも事実として認める必要もある。なので、ここからのV字復活を「他人」ではなく、モノや道具、または食事やおやつ、環境や匂いなどによって意図的に実現出来るような必勝パターンを普段からいくつか用意しておきたい。自分のために、みんなのために、LENSにはそれをたくさん散りばめて、各々が勝手にモチベーションが上がるようにしたいと思って、日夜いろいろと考えております。オフィスのレイアウトを替えたり、お菓子を置いてみたり、照明を明るくしたり、でも結局は声を掛け合ったり。つまり、やっぱりモチベーションを上げるには人の手を借りないと難しいのかもな、というお話。モチベーションはコミュニケーションから。
2018.04.11 Wednesday 06:01 | category:design diary | comments(0) |
「ヒトコトモノをつないでつたえる」を





「L3F(エルスリーエフ)という名の未知との遭遇。大須田取締役の素晴らしいディレクションのおかげで、契約からものの数日でここまできました。このボロボロの空間がどうなっていくのか、まだボク自身もはっきり見えていません。解体してみないと分からない。撤去完了してみないと分からない。塗装してみないと分からない。電気通してみないと分からない。エアコンつけてみないと分からない。わかった気分にならずに、はっきりと分からないことは分からないと認識しないとトラブルが起きるので、細心の注意を払いながら進行し、決断は(いつも通り)大胆に、迅速に!正式には来年オープンする予定のこの場所。予定では2年間限定です。我々が企画してイベントを仕掛けることもありますが、できれば様々な方に面白い使い方をしてもらいたいと思っています。通常のギャラリーではできないようなことも、L3Fなら出来るかもしれません。通常のレンタルスタジオでは取れないような面白い絵がL3Fなら撮れるかもしれません。まずは通り一遍ですが「ヒトコトモノをつないでつたえる」をテーマに立ち上げます。気になる方は12月10日(日)のマシーネンクリーガー名古屋ミーティングに見学がてら来てください。
2017.11.18 Saturday 15:20 | category:L3F | comments(0) |
未来の自分のイメージが

自分らしさとは何か。いい歳して毎日、毎時、毎分、毎秒、こんなことばかり考えています。昨日、入職希望者の面接をしました。弊社の取締役と執行役員が面接をしていて、途中からの参加だったのですが、なんだか盛り上がってない様子。ボクは座るやいなやいきなり彼に「将来の自分像はどんなイメージをしていますか」と尋ねました。偏った仕事の経験しかない彼は今の自分に自信がないようで、漠然とした、体のいい返答。完全に地雷を踏んでしまった彼は、そこから数分間ボクの(ほぼお説教の)熱いトークを食らうことになりました 笑。自分の未来は自分で決めるもので決して過去の経歴によって決まってしまうものではありません。「未来を決めれば、今の自分が決まる」。もう過去はどうでも良いのです。だから、思考を「今までこれをやってきたからこの経験を生かしてこれからどうするか」ではなく「10年後、こうなりたいから今のうちにこれを経験しておこう」とシフトしないと、明るい未来は手に入らない。ボクは40年生きてきてやっとこのことに気がつきました。未来の自分のイメージが描けていない人は、今やるべきことも明確になっていない。自分らしさとは何か。なんのために生きているのか。ミッションは何か。新年まであと1ヶ月半。毎年この時期は一番気合いが入ります。ボクももう一度しっかり考えてみようかと思います。
2017.11.18 Saturday 14:57 | category:design diary | comments(0) |
Page: 1/132   >>

Profile

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

Entry

Category

Archives

Search

Feed

Mobile

qrcode